Streaming for METAL !

音楽ストリーミングサービス・サブスクで、ヘヴィ・メタル、ハード・ロックを味わい尽くそう!

【楽曲紹介】ジャック・スター(JACK STARR)「Concreate Warrior」

※誰が聴いてもヘヴィ・メタル!な楽曲を紹介していきます!

 

アメリカのヘヴィ・メタル・ギタリスト、ジャック・スター(JACK STARR)が、1985年にリリースした1枚目のソロ・アルバム『Out of the Darknessの1曲目に収録。

 

80sUSメタルの重要バンドとして、東海岸から登場したヴァージン・スティール。オリジナルギタリストのジャックは、代表作として名高い初期2作を発表後、自らのソロ作品に取り掛かります。

 

シンガーとして、ライオットのレット・フォレスターをフィーチャー、リズム隊にはロッズのカール・ケネディ(Ds)とゲイリー・ボードナロ(B)が脇を固め、ジャックとカールがプロデュースするなど、さながら東海岸のメタルシーンのオールスター的布陣が揃っていました。

 

同時期にカールによる東海岸のメタルプロジェクト『Thrasherがリリースされていますが、メンバー的にも繋がりを感じますね。それだけにソロ作とは言えども、ギタリストにありがちな自己満足的なインストではなく、あくまでギターをフィーチャーした正統派メタルの良盤に仕上がっています。

 

煌びやかな時代の作品にも関わらず、どこかウェットな質感を醸し出しているのは、東海岸発という土地柄が大きいでしょうし、ヨーロピアンな叙情性すらも滲ませているのは、フランス生まれであるジャックの感性も無関係ではないでしょう。

 

今回ピックアップした「Concreate Warrior」は、アルバムのオープニングを飾る、典型的な東海岸風味の正統派ヘヴィ・メタル・チューンです!摩天楼ニューヨークのコンクリートジャングルを想起させるような、どこか冷たい質感の劇的なメタルは、実にクールなテイストですね。

 

男の哀愁が漂うレットの歌唱にはゾクゾクさせられますし、カールとゲイリーのリズム隊は実にタイトで小気味良いですね。何より、御大ジャックのギタープレイは、シュラプネル系のようにテクニックはないものの、自らの感性から湧き出るエモーショナルなフレーズの勢いと説得力は見事で、技量だけでは測れない群を抜く存在感を示しています。

 

当時のジャケットは、ハットを被ったジャックの画像でしたが、近年の再発版では、レットがフィーチャーされたジャケと名義に変更されており、ストリーミングではこちらのヴァージョンがアップされていますね。

 

ぜひ、一度聴いてみてください!

Concrete Warrior

Concrete Warrior

  • Jack Starr
  • メタル
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

f:id:streamingformetal:20211213125520j:plain