Streaming for Metal !

音楽ストリーミングサービスで、ヘヴィ・メタル、ハード・ロックを味わい尽くそう!

【R.I.P.】エドワード・ヴァン・ヘイレン(Edward Van Halen)

 ヴァン・ヘイレンのギタリストエドワード・ヴァン・ヘイレン(Edward Van Halen)が、2020年10月6日に65歳で亡くなりました。

 

筆者にとってエディは、全ギタリストの中でのフェイバリットな存在だったので、今朝のニュースを知って飛び起きた後に冷静になると、じわじわと悲しみが込み上げています。

 

ハードロックギターの世界における最初の革命が、ジミ・ヘンドリックスとすれば、第2の革命が、まさにエディでした。ジミは筆者がロックを聴き始めた頃、勿論すでにこの世に存在していなかったので、後追いでその功績を追いかける形でした。

 

けれどもエディは、衝撃のデビュー時から、ギター界に常に革命を起こし続け、遂に全米チャートを席巻、そして今に至る活躍の全てがリアルタイムでした。それだけに、自分にとってエディがいなくなることは、あまりにもリアリティがあり、「ロックギターの時代」にひとつの終焉が訪れた、そう思えるくらいの空虚感に見舞われています。

 

エディに出会ったのは、78年頃にラジオで聴いた「You Really Got Me」でした。オンボロのAMトランジスタラジオを通じてすら、鮮烈に聞こえたディストーションサウンドのおかげで、ハード・ロックの世界へ本格的にのめり込み、のちにギターを始めるきっかけになったといっても、過言ではありません。

 

その直後に買った「炎の導火線」や「伝説の爆撃機」で繰り広げられる、ライトハンド(タッピング)奏法、フロイドローズを駆使したアーミングをはじめ、ロックシーンに革命をもたらした数々のギタープレイから受けた衝撃は、自分の人生において唯一無二の大きさでした。

 

スティーヴ・ヴァイが、「エディがもしこの世に現れてなかったらと考えてみて、それは想像ができないことだ」と追悼のコメントをしていますが、本当にその通りだと思います。エディがいなければ、今のロックシーン、ロックギターの世界は全く違ったものになっていたか、そもそも存在しなかったかもしれません。

 

メタル、ロックに限らず、多方面のアーティストから追悼のコメントが溢れているのは、それだけエディが登場以降、広く音楽シーンに多大な影響を及ぼしていた証といえるでしょう。

 

ヴァン・ヘイレンの来日公演は、80年代から数回観ていますが、今となっては最後となった、2013年の来日公演に行けたことはラッキーでした。その時はマイケル・アンソニーを含んだラインナップだったら、と思いましたが、エディにとって最後まで愛息のウルフギャングと、バンド活動を共にできて幸せだったんでしょうね。

 

エディ様、人生を豊かにしてくれた素晴らしい音楽、ギタープレイを、今まで沢山与えてくれてありがとうございました。心から感謝しています。屈託のない笑顔をいつも浮かべて、楽しそうにギターを奏でる姿は、ただただカッコ良いレジェンドであり、筆者のヒーローでした。

 

ヴァン・ヘイレン、エディが残してくれたハード・ロックの偉大なるレガシーを、これから先も繰り返し、何度も聴いていくことでしょう。

 

R.I.P. Edward Van Halen

 

Eruption

Eruption

  • provided courtesy of iTunes

 


Van Halen - You Really Got Me (Official Music Video)