Streaming for METAL !

音楽ストリーミングサービス・サブスクで、ヘヴィ・メタル、ハード・ロックを味わい尽くそう!

【楽曲紹介】ガーリック・ボーイズ(GARLIC BOYS)「Psycho Thrash」

※80年代中心にハマりまくったジャパメタあれこれを紹介していきます!

 

日本のスラッシュ・メタル/パンク・ロック/メロディック・ハード・コア・バンド、 ガーリック・ボーイズ(GARLIC BOYS)が、1991年にリリースした3枚目のアルバム『Psycho Thrash』の1曲目に収録。

 

アウトレイジ、ユナイテッドなどに始まり、80年代末から90年代初頭にかけては、海外でのスラッシュブームとともに数多登場した、日本のスラッシュ・メタル勢を当時は色々と聴いていきましたが、このガーリック・ボーイズもその流れで辿り着いたバンドのひとつでした。

 

確かスラッシュが詳しい知人に勧められて、当時聴いたのが本作『Psycho Thrash』でした。ストリーミングで確認できるイラストのジャケットは再発時のもので、オリジナルは人を喰ったような表情のメンバー写真が使われていましたね。

 

いかにもインディーズっぽいなあ、なんて思いながらさしたる期待もせずに聴いてみると、ザックザクのクランチリフとタイトなリズムに全編埋め尽くされた、極上のスラッシュ・メタルで支配されていて、サウンドだけでも一発で気に入ってしまいました。

 

よくよく見ると歌詞がふざけまくっていて、「俺はカツラだ」とか(笑)、タイトルからして面白かったですが、「Skete&Mosh」とかアンスラックス、SOD譲りのユーモアも感じられ、それらも込みで単純にスラッシュ好きとしても楽しませてくれるバンドでしたね。

 

その後メジャー進出し、メロコア、パンク、ラウドなど時流に合ったジャンルや領域も行き来しつつ音源を重ね、大阪のライヴシーンから海外にも領域を広げその名を轟かせたのも、確固たるアーティストとしての実力があったからこそでしょう。「あんた飛ばしすぎ」をももクロがカヴァーするなど、後年さらに評価が高まっているように見えます。

 

今回ピックアップしたアルバムタイトルを冠した「Psycho Thrash」は、ザックザクのクランチリフとノリ良く疾走するタイトなリズムによるベイエリア風味と、こってこての日本語歌詞がウソのように高次元で(笑)融合した、スラッシュ・メタル・チューンです!

 

「サイコ!サイコ!」のサビは「最高で」、今聴いていても思わずシンガロングしたくなります。聴き手によっていろんなジャンルとして捉えられるバンドだと思いますけど。この曲、そしてこのアルバムを聴いていると、ガーリック・ボーイズは間違いなく浪花のスラッシュ・メタル・バンドだ!と、改めて思ってしまいますね!

 

なお、本作を含む数枚のアルバムは、現時点でApple Musicのみ聴くことができます。

 

ぜひ、一度聴いてみてください!  

PSYCHO THRASH

PSYCHO THRASH

  • GARLIC BOYS
  • ロック
  • ¥153
  • provided courtesy of iTunes