Streaming for Metal !

音楽ストリーミングサービスで、ヘヴィ・メタル、ハード・ロックを味わい尽くそう!

【楽曲紹介】 ホワイト・ライオン(WHITE LION)「Hungry」

※これぞ80s!のイメージなヘア/グラム/LAメタル系を紹介していきます。

 

アメリカのハード・ロック・バンド、 ホワイト・ライオン(WHITE LION)が、1987年にリリースした2枚目のアルバム『Pride』の1曲目に収録。

 

ホワイト・ライオンは、『Pride』の発表とともに一気に垢抜けして、突然全米でブレイクしたことに、当時少々驚いた記憶があります。デビュー作の『Fight to Survive』は結構気に入って聴いていたんですが、比較的ヘヴィな作品でしたし、全米チャートの上位を賑わすようなバンドになるとは、正直想像できませんでした。

 

ヴィト・ブラッタのテクニカルで推しの強いギターワークと、マイク・トランプのエモーショナルで味のある歌唱のコンビネーションが、彼らのトレードマークでした。タッピングやアーミングを駆使したヴィトのギターは、エディ・ヴァン・ヘイレンを彷彿とさせましたが、ヴァン・ヘイレンのようなカラッとしたサウンドではなく、もう少しヨーロピアンな憂いのあるサウンドが特徴でしたね。

 

今回ピックアップした「Hungry」は、イントロから炸裂するゴリッとしたメタルらしいリフと、力強いフックのサビを共存させた、オープニングに相応しいナンバーです。「Wait」「Tell Me」といったキャッチーでポップなセンスが光る名曲も大好きなんですが、こうした哀愁を漂わせたメタル色強めの楽曲も、ホワイト・ライオンならではの魅力でしょう。個人的には、曲中でオブリガードのソロをお構いなしに入れまくる、ヴィトの我が道を行くようなギタープレイが、とにかく最高!

 

当時、楽しみにして観に行ったホワイト・ライオンの初来日公演は、マイクが上手く歌えなかったからと察しますけど(汗)、、音源での歌メロを崩しすぎてしまったり、リズム隊も弱かったりで、正直かな〜りガッカリしました。その中で唯一、素晴らしいプレイを聴かせてくれたのが、スタインバーガーのギターを手にしたヴィトだったんですね。ギターヒーローとしてブレイクしてもおかしくなかったのに、早い段階で音楽シーンから足を洗ってしまったのは、残念な限りです。

 

ぜひ、一度聴いてみてください! 

 

Hungry

Hungry

  • ホワイト・ライオン
  • ロック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

 CDはこちら

Pride

Pride

  • アーティスト:White Lion
  • 発売日: 2015/08/21
  • メディア: CD